Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

無駄にならないポケモン考察

某氏のとある記事を拝見した。

 

他人の案を真似たり、取り入れる事もあるが

軸は自分で考えるポケモン。考えた事は無駄にならない。

自分なりに言葉をアレンジしたが要はこのような内容だった。

 

これはまさにその通りの一言。

その時に没案になったとしても、なにか別のモノを考えた時

当時の没案と新たな案の相性がとても良い事もある。

その没案を生み出した時の思考が、ほかのモノを考える時の思考に

影響を与えることも当然あるだろう。

 

因みに何故これを書こうと思ったかというと

この某ガルーラにも元となったお世辞にも強いと言えない案があるから。

某ガルーラ:193(100)-176(244)-121(4)-x-121(4)-154(156)

 

元はカウンターで遊んでいた時のこのガルーラから。

元ガルーラ:197(132)-154(68)-138(140)-x-121(4)-155(164)

 

この時は言ってしまえばどのガルーラにも出来るだけ対応しようと

欲張っていた。カウンターの遊び心が無かったというと嘘にもなるが。

結果的に、陽気猫捨て身を裏でカバーし意地ガルーラに対して

出来るだけ対抗するガルーラへとこの案は昇華した。